腰痛 骨盤 痛い

ストレッチ

 

 

"まず第一に凝り固まってしまった腰回りの筋肉をほぐす事で柔軟性を取り戻せると考えているので、毎日ストレッチを欠かさず行っていこうと思っています。

 

効率よく凝りを解消するためには血の巡りも大事なので、血行が良くなるお風呂後の時間はストレッチタイムの習慣付けから始めようと思います。

 

身体が柔らかくなってきたら、徐々に筋トレを加え腰を支える為に必要な腹筋と背筋も強化します。

 

実際腹筋を一時期集中的に鍛えていた際に長年苦しんでいた腰痛があまり出なくなったこともあるので、やはり大事なのは筋力ですね。人間、あまりに運動をしないと身体がたるみ、太るだけでなく日常生活にも支障が出るほど身体が弱ってしまうのだと痛感しております。

 

まずは出来ることから始め、続ける事が重要ですので自分に無理のない範囲でストレッチと筋トレを習慣化させていこうと思います。アスリートのようなハードな運動出なくても必ず体つきも変わってくるものなので、同時にダイエット気分で身体を引き締め、女性らしいボディラインも手に入れられたらと思っています。"

コルセットを常にして痛みを和らげる。

 

 

まず、腰痛を発症しないように水分をしっかりとって(一日2リットルを目安)腰痛を発症しないようにしています。また、お腹を冷やさないように、腹巻などをして体温を上げるように普段から心がけています。発症してしまった際は、コルセットを付け、痛みを和らげ、体調のいい日には腰を揉んだり、中央(腰の窪んだ部分)から外に向けて、軽く摩るようなイメージでマッサージをしたり、軽いストレッチをしたりします。太ももがしびれている時はリンパの流れを考えながら、太ももから骨盤にかけてマッサージする時もあります。でも、マッサージをすることもできないほど、痛みがある場合は、とにかく安静にして、水分をしっかりとって、体の中の老廃物をしっかり早く、外に出すように心がけて改善します。また、ごくたまに行きつけの針医院に通い針やお灸などの治療をしてもらうこともあります。痛みが軽い時は、整体やアロマなどのマッサージをプロの方にして欲しいです。

こんな記事も読まれています♪